主流のDVD制作

仕事が終わる

映像作成について現在で主流なものがDVD制作ではないでしょうか。日本で映像が普及した始まりは、VHSの普及と考えられ、その当時は、数多くVHSレコーダーが普及された。テレビを録画することはもちろんのこと映像制作にも使用された。そして、1990年代にできたDVDというメディアが爆発的に売れた。そして、編集する外部環境も変わり、映像制作はパソコンでの編集となりました。そして、最終的にはDVD制作を行い、以前よりも簡易に編集することができるようになったのです。もちろん、どの映像業界にも浸透したために、家庭ではDVDプレイヤーの普及率も高く、世の中においてDVD制作は一般的なものになり、長年愛されているメディアとなりました。

DVD制作は、パソコンの発展から素人でも編集が可能となり、購入時でも初期装備として映像編集ソフトがついていたりします。だからこそ、現在では簡単に作成することが可能となりました。今後は、テレビのデジタル放送により、DVDからブルーレイディスクへと進化をしております。映像のきれいさや容量の大きさからブルーレイディスクの重要性が高くなってきております。しかしながら、パソコンのドライブの環境がブルーレイ対応しているものの普及率が低いため、まだ簡単にブルーレイ制作というのは、むずかしいでしょう。また、現在では、映像をデータとして作成する方法もあります。大容量のハードディスクに映像データを保管する方法です。こちらも今後伸びてくるものと考えられます。